赤羽アピレ たんぽぽ眼科クリニック (北区赤羽西:眼科)

赤羽アピレの3階の眼科。結膜炎、ものもらい、ドライアイの診断・治療や白内障日帰り手術を行っております。

医療機器について

光干渉断層計(ニデック RS-3000)
視野検査(Humphrey視野計、Goldmann視野計)
角膜内皮顕微鏡検査(トプコン SP-2000P)
角膜形状解析装置(ニデック OPD SACANⅡ)
眼底カメラ(ニデック AFC-210)
網膜レーザー光凝固(ニデック GYC-1000)
超広角走査レーザー検眼鏡(Daytona)
光干渉式眼軸長測定装置(AL-Scan)

光干渉断層計
ニデック RS-3000

RTVue-100

光干渉断層計(OCT)は、眼底を三次元で画像化し網膜の断層を描きだす装置です。黄斑円孔、黄斑変性、中心性網脈絡膜症、緑内障の状態を調べる際に役立ちます。緑内障は視野に異常が出る前に、視神経の変化や網膜の神経節細胞が減少して網膜の一部分が薄くなることが分かってきており、緑内障の早期発見に有用な検査といわれています。

視野検査
Humphrey視野計、Goldmann視野計

Humphrey視野計、Goldmann視野計

静的視野計測(Humphrey視野計)と動的視野計測(Goldmann視野計)があり、どちらも一点を注視した時に見える範囲を測定する検査です。静的視野は、結果を数値化する事により正常データや過去のデータと比較する事が可能です。動的視野の場合は、検査員が行うので患者様の様子を観察しながら検査を進める事ができ、高齢者や小児などにも行える検査です。

角膜内皮顕微鏡検査
トプコン SP-2000P

トプコン SP-2000P

角膜内皮細胞を撮影し、細胞密度などを解析することのできる検査です。角膜内皮は、角膜の透明性の保持に重要な役割を果たしていますが、一度減ると増えることはないとされています。加齢や眼疾患、コンタクトレンズの長期装用による低酸素状態などで角膜内皮細胞が減少します。角膜内皮顕微鏡検査は、こうした角膜内皮細胞の異常を知るのに必要な検査です。

角膜形状解析装置
ニデック OPD SACANⅡ

ニデック OPD SACANⅡ

同心円状の何本もの線を角膜に投影することにより、角膜の中央から周辺部までの形状を観察することができる検査です。早期の円錐角膜、コンタクトレンズ装用による角膜変形、角膜不正乱視などを見つけることができます。

眼底カメラ
ニデック AFC-210

ニデック AFC-210

眼底カメラとは眼底の網膜、視神経、血管などの状態を撮影するカメラです。眼底とは眼球の内面の部分を指し、眼疾患だけでなく高血圧、糖尿病や動脈硬化の診断にも役立ちます。

網膜レーザー光凝固ニデック
GYC-1000

GYC-1000

網膜裂孔、網膜円孔、糖尿病網膜症などの病気に対して、レーザー光を眼底に照射して熱凝固を行います。

超広角走査レーザー検眼鏡
Daytona

Daytona

通常の眼底カメラは撮影範囲が45度なのに比べ、Optosでは200度と広い範囲を1度に撮影することができます。それにより、眼底の80%以上の領域の撮影が可能となりました。また、造影剤を用いなくてもある程度の病変を撮影できます。

光干渉式眼軸長測定装置
AL-Scan

AL-Scan

眼の長さ『眼軸長』を測定します。白内障手術で使用する眼内レンズの度数決定や、子供の眼の長さを測定する事で近視等の進行具合を数値で確認できます。従来の超音波式では接触型だったので検査員により測定結果にバラつきがありましたが、光学式を採用することで再現性の高い正確な測定結果が得られるようになりました。

アクセス

赤羽アピレ3階 たんぽぽ眼科クリニック
〒115-0055 東京都北区赤羽西1-5-1
赤羽アピレ3F
TEL:03-5948-8261
診療時間:10:00-13:00、15:00-18:30
平成25年6月より木曜日も外来診療を開始致します。
(但し、コンタクトレンズの処方は木曜日は行いませんので予めご了承下さい)
☆日曜・祝日は18:00まで

GoogleMap
赤羽アピレホームページ

  日・祝
10:00-13:00
15:00-18:30

赤羽アピレ たんぽぽ眼科クリニック トップページ

巣鴨の眼科 : すがも眼科クリニック